頭のでっぱりやいぼを出来る限り解消するために役立つ情報や、効果が期待される頭皮ケアクリームについて徹底検証しています。

頭のでっぱりやいぼを減らせる頭皮ケアクリーム徹底検証サイトイメージ
MENU

クリームでアレルギーの要因となる成分

ヨクイニンはアレルギー反応を示すこともあるので注意が必要

クリームでアレルギーの要因となる成分イボ対策として、クリームを使用されてる方の中には、アレルギーをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そのためクリームを使用する際に、含まれる成分は気になるものではないでしょうか。

イボクリームに用いられる主な成分はハトムギエキスですが、これはヨクイニンが含まれる成分です。このヨクイニンは、一般に副作用はないといわれているのである程度安心です。それでも、アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

とくにイネ科の植物アレルギーをお持ちの方は、反応してしまう可能性があります。そのため、このアレルギーをお持ちの方は慎重になったほうがよいでしょう。

また、ヨクイニンを用いたイボ対策は時間がかかってしまう上、即効性があるわけでもありません。一般的に、長期にわたって使用することになります。

アレルギー反応が弱い方でも、長期で使用する事になることもあって、アレルギー反応が表れてしまう場合もあるでしょう。十分な注意の上で使用することが重要です。

杏子エキスに反応する可能性にも注意

イボ対策クリームには、お肌の体質改善のため、杏子エキスが配合されていることがあります。この杏子エキスは美肌効果があることから、化粧水にも用いられる成分です。

杏子エキスに含まれるバルミトレイン酸には、不飽和脂肪酸が含まれており、お肌に塗って浸透させることによって、若い肌を取り戻せるとされます。そのため、ほとんどのイボ対策クリームには杏子エキス配合となっています。

しかし、この杏子エキスも、アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。とくに、果物アレルギーをお持ちの方です。過去に何らかの果物で発疹ができたなどの反応があったとすれば、慎重になったほうがよいでしょう。

例えば、桃アレルギーもあるようなので、桃にアレルギー反応を起こした事がある方は、杏子エキス配合のクリームを使用する際には注意したほうがよいでしょう。

キハダ樹皮エキスにも注意

抗炎症作用や抗菌作用としてよく用いられる成分に、キハダ樹皮エキスがあります。イボ対策には、肌を清潔に保ち、肌荒れを抑える必要がありますが、キハダ樹皮エキスはその役目を果たしてくれます。

そのため、イボクリームに含まれる成分になっていることがあります。この成分には、妊娠中の胎児に悪影響を与える可能性があるとされています。

念のため、このキハダ樹皮エキスが含まれているクリームの使用をする場合、妊婦はしっかりと考慮したほうが良いでしょう。その他のアレルギー反応は見られないようなので、安心して使用できる成分といえそうです。


  • TOP