頭のでっぱりやいぼを出来る限り解消するために役立つ情報や、効果が期待される頭皮ケアクリームについて徹底検証しています。

頭のでっぱりやいぼを減らせる頭皮ケアクリーム徹底検証サイトイメージ
MENU

角質除去クリームの主要成分とは?

グリコール酸

角質除去クリームの主要成分とは?グリコール酸は、角質を柔軟にする効果があります。また除去する作用も働くことから、角質除去クリームに使用される主要成分です。

この成分は、サトウキビに含まれている有機酸です。肌を滑らかにするため、このグリコール酸を加えて角質を剥がすことを目的として配合されることが多いようです。

しかし、皮膚への刺激があるため、乾燥肌や敏感肌の方には注意が必要です。皮膚の炎症につながる恐れがあるからです。

そのため、角質除去クリームを使用する際には、乾燥時や敏感時の使用頻度を抑えることがクリームの正しい使い方です。

また、お肌の表面を溶かし、古くなった角質を取り除いてくれるので、角質除去をしたい方にはもってこいの成分になります。

サリチル酸

サリチル酸は、角質を柔軟にする作用が働くことで知られています。そのため、古い角質を除去する目的でクリームの成分に配合されています。さらに殺菌作用もあるので、菌を殺す働きもあります。

実際サリチル酸は、防腐剤として使用された成分でしたが、毒性が高いため使用を禁止されたほどです。それほど殺菌効果が見込めるものです。もちろん、角質除去クリームにはしっかりとした配分で配合されているので安心できます。

このように、お肌の表面を殺菌し、古い角質を除去し毛穴の殺菌までしてくれるので、サリチル酸は角質除去クリームに欠かせない成分であることがわかります。副作用としては、刺激が強いことです。

もともと毒性がある事から、防腐剤への使用を禁止されたほどです。そのため、肌への刺激に弱い敏感肌の方は使用を慎重になったほうがよいでしょう。また乾燥肌の方にも向いていないかもしれません。

この成分はお肌を殺菌していくものなので、肌のうるおい成分も除去されてしまい、かえって肌へ悪影響を及ぼす可能性もあるのです。十分に注意したほうがよいでしょう。

尿素

尿素は古くからお肌に良いとされて使用されてきた成分です。とくにお肌を柔らかくする効果があり、角質を滑らかにします。また、水によくなじむため、保湿力も高くハンドクリームにも使用されることの多い成分でもあります。

角質が固くなっているところには効果が見込めるでしょう。しかし、注意点もあります。尿素を使用しすぎたために、逆に肌の悩みを抱えてしまう可能性があるという点です。

それは、固い角質には尿素は最大限発揮されますが、柔らかくなった肌にも同じ働きをしてしまうのです。そのため、一定の効果を感じたとしても、使いすぎてしまうと角質の未熟さによって乾燥肌になってしまう危険があるのです。

そのため、尿素の特性をしっかりと理解してうえでの使用が重要になってきます。


  • TOP