頭のでっぱりやいぼを出来る限り解消するために役立つ情報や、効果が期待される頭皮ケアクリームについて徹底検証しています。

頭のでっぱりやいぼを減らせる頭皮ケアクリーム徹底検証サイトイメージ
MENU

角質除去クリームを使う時の注意

角質除去クリームは使用頻度に注意

角質除去クリームを使う時の注意角質除去クリームは、角質を落としてくれるので、イボにも効果があるように思えます。しかし、角質を落とすということは刺激を与えることになります。また、角質を落としすぎてしまうと、さらに角質は厚くなる傾向があります。

そのため、角質除去クリームを使い過ぎてしまうと、かえって良くない結果になってしまう場合があります。そのため、場合によっては、使用頻度を週一回程度に抑えておくとよいでしょう。肌への刺激をなるべく少なくするためです。

その後、角質が落ちてきたように思えるとすれば、使用頻度を落としていきます。週一回だったものを二週間に一度のペースに変えたり、一週ずつ回数を減らしていき、最終的にはひと月に一度程度にするなど、角質の落ち具合によって調整するとよいでしょう

お肌ケアも並行して行う

角質除去を行うと当然お肌への負担は大きくなります。ダメージを受けているという事なので、このクリームを使用した後にはお肌は外気にさらけ出している状態になります。

つまり、乾燥に向かっていくことになります。それで表面の皮膚を守るため、保湿ケアは欠かせません。頭皮なので、髪の毛が守ってくれると過信せず、しっかりケアを行いましょう。そうしないと、場合によっては髪にまでダメージを与えてしまいかねません。

保湿クリームや化粧水を使用して、ダメージを与えた頭皮に潤いを与えてあげましょう。それによって、角質除去された部分に、さらに角質が盛り上がってくることを防げるようになります。

したがって、角質除去クリームの使用後はお肌ケアも同時に行うという二セットを確実に実行するようにしましょう。

入浴直後の使用はなるべく避ける

入浴した後のお肌は、水分を多く含んでいるため、刺激に弱くなっている状態です。そのため、角質除去クリームを頭皮に用いる事は、頭皮は想像以上にダメージを受けることになります。

そのため、いつものように時間をかけてクリームを塗っていると、角質が落ち過ぎてしまうことになってしまいます。それによって、皮膚の表面だけでなく、深い部分にまでえぐっていくことになり、大変危険です。

逆に皮膚を傷めてしまうことになるので、水分を多く含んだ状態での角質除去クリームの使用には注意が必要です。

もちろん入浴直後は角質が落ちやすいので、優しくお肌を扱うことによって適度に角質を落とすことも可能なので、ダメージを与え過ぎないよう用心しつつ、クリームを使うと良いでしょう。肝心なのは、角質を落としすぎてしまわないことです。


  • TOP