頭のでっぱりやいぼを出来る限り解消するために役立つ情報や、効果が期待される頭皮ケアクリームについて徹底検証しています。

頭のでっぱりやいぼを減らせる頭皮ケアクリーム徹底検証サイトイメージ
MENU

頭のいぼの老人性疣贅とは

頭のいぼの種類のひとつに挙げられるのが、老人性疣贅(ゆうぜい)です。

老人性疣贅とは、加齢によって皮膚のターンオーバーの周期が遅れ、老廃物などが蓄積することなどによりできるいぼであり、高齢者になるとほとんどの方に見られると言われています。

なお、老人性疣贅はウイルス性ではありませんので、感染することはありません。

また、ウイルス性いぼは放っておくと難治性となってしまう可能性があるのですが、老人性は放っておいても特に大きな問題はないとされています。

ただ、見た目を損なうものですので、治療するに越したことはないでしょう。

ここでは老人性疣贅の原因と治療法をお伝えしたいと思います。

頭のいぼの老人性疣贅の原因とは

頭のいぼの一種である老人性いぼの原因は、ずばり加齢です。

年齢を重ねるにつれて皮膚のターンオーバーが遅れることはご存知かと思いますが、皮膚のターンオーバーが遅れることで古い角質などが溜まり、老人性疣贅を引き起こすと言われています。

また、皮膚が紫外線を浴び、老人性色素斑というシミになり、それが膨らんで老人性いぼになることもありますので、日頃からのケアがとても大切です。

老人性疣贅の髪への影響は?

老人性疣贅が髪に及ぼす影響はほとんどありません。

しかしながら、上記で説明していますように、老人性疣贅ができるということは皮膚のターンオーバーが遅れていると考えられますので、ゆくゆくは毛髪が抜けたり、頭皮に何かしらの以上をきたす可能性もあります。

老人性疣贅は感染する?

老人性疣贅はウイルスが原因のいぼではありませんので、感染することはありません。

老人性疣贅と思われても、実は皮膚がんなど悪性腫瘍である可能性もありますので、頭のいぼが見つかれた、すぐに病院の皮膚科で診察してもらうことをおすすめします。

老人性疣贅は痛みがある?

老人性疣贅に痛みはありません。

ただし、かゆみを感じることがあります。

爪を立てて掻くと頭皮が傷つき、ハゲの原因となるだけでなく、傷口からウイルスに感染し、ウイルス性いぼができてしまう可能性もありますので、傷をつけないようご注意ください。

老人性疣贅とウイルス性疣贅の違いは?

老人性疣贅とウイルス性疣贅の違いは、ウイルスが原因であるか否かという点です。

上記に記載しましたように、老人性疣贅は加齢が大きな原因であるのに対し、ウイルス性疣贅はウイルスが原因で引き起こされるいぼです。

そのため、ウイルス性疣贅が感染するのに対し、老人性疣贅は感染しません。

この点は大きな違いと言えるでしょう。

頭のいぼの老人性疣贅の治療法とは

老人性疣贅の病院での治療法

頭のいぼが老人性疣贅である場合、病院で治療する必要は特にありません。

ウイルス性いぼとは異なり、感染したり再発する可能性がありませんし、適切な処置をご自身で施せば、老人性疣贅は治る可能性があります。

ちなみに、頭のいぼがウイルス性いぼである場合、病院では液体窒素療法やレーザー治療、電気焼灼法などの治療法が行われています。

老人性疣贅を病院に行かずに治療する方法

老人性疣贅を自宅でケアしたいなら、皮膚の免疫力を高めることがポイントになるでしょう。

もっともおすすめしたいのは、ヨクイニンエキスです。

ヨクイニンエキスには免疫力を高める作用があると言われており、病院によってはいぼ治療時の服用薬として処方している場合があります。

また、ヨクイニンエキスを配合したクリームなどを使用してみるのも良いかもしれません。

老人性疣贅を治療するものではありませんが、免疫力を高め、皮膚を健康な状態に保つことは、いぼ対策として重要です。

なお、老人性イボは放っておくと大きくなってしまうため、液体窒素治療やレーザー治療で除去することもあります。

各治療法についてはこちらのページで解説していますので、チェックしてください。

⇒「頭のいぼを治療しよう」


  • TOP