頭のでっぱりやいぼを出来る限り解消するために役立つ情報や、効果が期待される頭皮ケアクリームについて徹底検証しています。

頭のでっぱりやいぼを減らせる頭皮ケアクリーム徹底検証サイトイメージ
MENU

頭のいぼを治療しよう

頭のいぼを治療するには、まず病院で診察してもらうことをおすすめします。

もちろん老人性いぼなど病院に行かずに治る可能性があるいぼもありますが、頭はとてもデリケートな部分なので、病院で診察し、治療を受けることが大切です。

頭のいぼを病院で治療する場合、液体窒素や電気焼灼法、冷凍凝固法、レーザー療法などが行われます。

ここでは頭のいぼの治療についてお伝えしますので、ぜひご参考ください。

病院での頭のいぼの治療

頭のいぼを病院で治療する場合、上記も説明していますように液体窒素、電気焼灼法、冷凍凝固法、レーザー療法などが用いられます。

いずれの治療も病院の皮膚科で受けることができますが、それぞれ特徴が異なりますので、以下で診ていきましょう。

液体窒素

液体窒素による治療では、液体窒素で頭のいぼを凍らせ、ウイルスを消滅させていきます。

1週間から2週間に1度のペースで治療し、それを3カ月程度続けることになりますが、治癒中にかさぶたを剥がすなどするといぼが再発してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

なお、液体窒素による治療は保険適用となっています。

レーザー療法

レーザー療法では、いぼにレーザーを照射し、ウイルスを死滅させていくことでいぼを除去します。

治療期間は10日から14日程度ですみますので、病院に行く時間がなかなか取れない方にはおすすめです。

ただし、レーザー療法は保険適用外となり、いぼ大きさや個数などによっては数万円の治療費がかかることがあります。

電気焼灼法

電気焼灼法では、電気メスを使っていぼを焼き、取り除いていきます。

施術時間は短く、3ヶ月程度で跡が気にならなくなると言われていますが、治癒中に患部を刺激するなどすると跡が残ってしまう可能性がありますので、ご注意ください。

電気焼灼法は保険適用です。

頭のいぼを病院で治療するメリット・デメリット

頭のいぼを病院で治療するメリット

  • 安心して治療できる
    頭の皮膚はデリケートですので、自分で対処するのは大きなリスクがあります。

    その点、病院であれば医師に任せることができるため、安心していぼの治療に取り組むことができるでしょう。

  • 適切な治療を提案してもらえる
    病院の医師に診察してもらえば、頭のいぼの種類や状態に合った治療を提案してもらえます。

    間違った治療を提案されることはありませんので、ご安心ください。

頭のいぼを病院で治療するデメリット

  • 治療費がかかる
    頭のいぼを病院で治療するデメリットとして、治療費がかかるということが挙げられます。

    上記で紹介した液体窒素と電気焼灼法の治療は保険適用となりますが、レーザー療法が保険適用外です。

    ですが、液体窒素療法は通院期間が長く、レーザー療法は通院期間が短いことを考えると、費用に大きな差はないかもしれません。

    治療費についてはいぼの大きなや個数によって変わりますが、数万円程度を見込んでおくと良いでしょう。

  • 時間をとる
    病院で治療を受けるためには、病院に行かなければなりません。

    土日祝日は休みの病院もありますので、平日は仕事や家事、育児などで時間を取れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    特に液体窒素による治療ですと1週間から2週間に1度のペースで病院に通い、それを3ヶ月程度は続けることになりますので、忙しい方には難しいかもしれません。

なお、いぼは頭同様、首にもできますが、首のいぼは目立つうえ、アクセサリーなどとの摩擦で痛みを生じてしまうケースがあるため、なるべく早めに治療すべきでしょう。

ここではいぼの治療法を簡単にまとめましたが、いぼの治療法をもっと詳しく知りたいなら下記をチェックしてみてください。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」

自宅でできる頭のいぼ対策

頭のいぼは病院で治療することを強くおすすめします。

ただ、どうしても病院に行きたくない、病院に行く時間が取れないという方は、自宅でできる頭のいぼ対策を試してみても良いかもしれません。

以下、自宅でできる頭のいぼ対策をいくつか紹介しましょう。

ヨクイニンエキス

ヨクイニンエキスは、ハト麦の種から抽出されるエキスです。

病院で頭のいぼの治療を受けた際、服用薬としてヨクイニンエキスが処方されることがあります。

ただし、ヨクイニンエキスが頭のいぼの原因であるウイルスに直接的に作用するわけではありません。

ヨクイニンエキスには免疫力を高める作用があり、免疫力を高めることで自然治癒を狙うというものになります。

なお、ヨクイニンエキスを頭のいぼ対策として使用する場合、少なくとも3ヶ月は続けて摂ることが必要です。

頭皮に優しいシャンプー

頭のいぼ対策としておすすめしたいひとつが、頭皮に優しいシャンプーです。

現在のところ、頭のいぼを治療できるシャンプーはありませんが、イボ対策として大切なのは皮膚に余計な刺激を加えず、清潔な状態に保つということですので、頭皮に優しいシャンプーを使用することで頭にいぼができる可能性を抑えることができるかもしれません。

ちなみに、シャンプーの際は爪を立てて洗うのではなく、指の腹で優しくマッサージするように洗ってください。

爪を立ててシャンプーすると頭皮に傷がつきますので、ハゲる可能性があるのはもちろん、傷口からウイルスが入り、ウイルス性いぼができてしまう恐れがあります。

頭皮に使えるいぼ対策クリーム

いぼ対策としても使用できるクリームが市販されていますが、中には頭に使えないものもあるようです。

頭のいぼ対策として使用するのであれば、頭にも使えるクリームを選んでください。


  • TOP